地域がいきいきと生きる人であふれていく「創発の場」づくり

スタジオ八百萬のオープンからこれまで

スタジオ八百萬の外観はこんな風になっています。
この写真は、雑誌「TURNS」の取材のために撮ったもので、ちょっとTURNS風にお洒落っぽくしてみました。

スタジオ八百萬は米沢市の信夫町にある、山形県で最初に出来たコワーキングスペースです。見たことある、知っているという方もいらっしゃるでしょうか?

この「コワーキングスペース」というのは、色んな人が共同で使うワークスペースのことで、人と情報が集まる交流の場になっています。2014年の11月にオープンして今年2020年で丸6年になりますが、その後、山形県内にも色んなスペースができ、今では10か所以上のコワーキングスペースが出来ています。

もとは両親がやっていた八百屋

もとは両親がやっていた八百屋を改装してつくりました

この写真は僕が1歳くらいだとすると、40数年~50年近く前のものかなと思います。看板が今よりさらに古いですが、建物は全く同じです。八百屋を辞めてから20年ほど物置のようになっていて、ほぼ空き家だったのですが、何かに活かせないだろうかという気持ちが以前からありました。

「八百萬(はっぴゃくまん)」という名前の由来は、あらゆるものに神様が宿るという「八百万の神々」という言葉にあやかって、多様な人の才能がつながる場所にしたいという想いから名付けました。

Page.1